Peaceful Days

風を感じて

c0160185_1758588.jpg

Hasselblad 500C/M  / FUJI PRO400
2014年8月15日 札幌市北海道知事公館にて

作品づくりをメインに考える写真家たちは、テーマに悩む方も多いようですね。
なので、私のように節操なく見たものだけを撮り続けていると、少し恥ずかしく思うことも多々あります。
写真に命をかけている(?)方々たちは、
いろんな被写体にカメラをむけつつも、きちんと自分のテーマを持たれているから。
なので、こんなんでいいのだろうかと思ったりもするけど、
私はやっぱり、ひとり気ままに歩いて見て、
美しい色や光に出会ったとき、撮りたいものを撮るというスタイルがあっていると思います。
ストレス&運動不足解消にも。(とりあえず、命は懸けてないし 笑)

ただ、「これを撮りたい」ではなく、「これは撮りたくない」というのはあります。
それは、
・窮屈な写真
・カサカサと乾いた写真
撮った写真の風通しが悪かったり、しっとり感に欠けていると、非常に悲しくなります。
それから、面白くても汚いもの(あくまでも基準は私ですが)は撮りたくない。

で、そこにリズムやらユーモアやらが少し感じられる写真が撮れたら、
もう最高だろうな。

はい、もっともっと精進します。
[PR]
by rpn-rierie | 2014-10-13 18:32 | 北海道知事公館