Peaceful Days

函館市 旧イギリス領事館

c0160185_1832633.jpg

「小さなおじさんのいる素敵な洋館」

函館に人気スポット元町にある『旧イギリス領事館』

この元町地区に領事館が落成されたのが1863年ということだから、
その歴史は古い。
幾たびかの火災があり、現在の建物が落成されたのが1913年。
その後、1934年に領事館が閉鎖されるまで、
この地でユニオンジャックがかかげられていたという。



c0160185_1841472.jpg

なんとも魅力的な窓枠。青好きにはたまらない。
建物はそれほど大きくはなく、
正直なところ、訪れる前まではそれほど期待していなかったのだけど、
実際足を踏み入れてみると、その静かで美しい佇まいにうっとり。すぐさま夢中になる。

c0160185_18452323.jpg

イギリスの雰囲気を醸し出す庭園。
けっして広くはないが、18種45株のバラが植えられているという。
残念ながら、今回はほとんど咲いていなかったが、
初夏の頃は、それはそれは、美しいのだろう。

c0160185_18481662.jpg

屋内にはいり、美しい階段を登って2階へ。
まずは開港ミュージアムを見学。

c0160185_18523991.jpg

黒船でやってきたマシュー・ペリー氏。
よく見る肖像画よりハンサム。
彼は嘉永7年4月21日(1854年5月17日)、ポーハタン号で箱館にやって来て、
2週間余り滞在したという。
ちなみに、函館は昨年開港150周年をむかえた。

c0160185_18591186.jpg

1階記念ホールにあった世界地図(鳥瞰図)。

ところで、館内のどの展示室も興味深いものだったけど、
私が一番気に入ったのが、小さなおじさん像がいた「領事執務室」。
c0160185_1924191.jpg


この小柄なおじさんは、市民に愛されたリチャード・ユースデン領事とのこと。
c0160185_1934520.jpg

部屋の窓から、こうやって函館の港を見守っていたのですね。

c0160185_1953921.jpg


c0160185_1955653.jpg

領事夫妻は、帰国後に暮らした住宅の扉に
ホッカイドウハウスと英字で表記し、
家具や装飾は日本品を使用していたとのこと。
なんだか嬉しい話。

c0160185_1963240.jpg


こんな素敵な旧イギリス領事館でした。

ちなみに、1階にはカフェスペースがあり、
本場英国の紅茶やお菓子や、伝統のアフタヌーンティーを味わうことができます。
今回の旅ではパスしちゃったけど、次回はぜひと思っている。
スコーンが私を呼んでいる。

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村
[PR]
by rpn-rierie | 2010-10-03 19:20 | 函館